ブログ

働き方を考える(建設業)③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

働き方を考える③

日経産業新聞によりますと、京浜急行グループの京急建設は、2022年4月から女性用の作業着と
ヘルメットを初めて採用したとのことです。
それまでのものは、サイズが大きいので、女性が着用するとだぼっとして肩幅も合わず、女性社員
からは「動きづらい」「引っかかったら現場でけがをする可能性がある」「だらしない印象を与える」
といった声が寄せられていたらしい。
新しい作業着は、サイズを小さくして細身にしたりポケットの形状も小物を入れやすくしたりしています。
また、ヘルメットは束ねた髪の毛を自然に垂らせるように後方の形状を工夫したとのことです。

女性活用とか言われて久しいですが、掛け声だけとか、頭では理解しているものの、具体的な行動には
移していない企業や個人もまだ多いのではないでしょうか? でも、女性活用に向けて本気で動き出し
ている企業も出てきていますので、優秀な人材の確保という点では、大きな差がつくことも予測されます。
そろそろ本気で考えませんか?
2022年7月24日

関連記事

  1. 特定技能制度って④
  2. 建設業界と外国人労働者
  3. 特定技能制度って③
  4. 建設業許可 請負代金500万円は消費税込みなのか?
  5. 建設業界のロボット化①
  6. 不動産業界のDX化⑥
  7. 【ブログ】一分で読める業界情報
  8. 建設業界の2024年問題⑤
PAGE TOP