ブログ

補助金ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

補助金ニュース

「事業再構築補助金」とは

令和4年12月、令和4年度第2次補正予算が成立し、第10回公募以降の「事業再構築補助金」の全体像が明らかになりました。
いままでの「事業再構築金補助金」からどのような点が変更されたのか見ていくことにしましょう。

「事業再構築補助金」は、ウィズコロナ・ポストコロナ時代の経済環境の変化に対応するために、中小企業等の新分野展開、業態転換、業種転換等の思い切った事業再構築の挑戦を支援するための補助金となっています。

現在は、令和5年1月16日(月) ~ 令和5年3月24日(金)18:00までの期間で、公募が行われています。
なお、第9回公募は、第8回と同じく「通常枠」「大規模賃金引上枠」「回復・再生応援枠」「最低賃金枠」「グリーン成長枠」「緊急対策枠」の6つの「枠」での応募となります。

第10回公募以降の「事業再構築補助金」について

令和4年度第2次補正予算での事業再構築補助金の事業目的では、新型コロナウイルス感染症の影響に加え、「物価高騰等」の影響への支援、「感染症等の危機に強い事業への大胆な事業再構築の取り組み支援」、「中小企業等の付加価値額向上や賃上げ」等の文言が記載されました。

【主要な変更箇所】

  • 「回復・再生応援枠」、「緊急対策枠」を再編し、事業再生に取り組む事業者や物価高騰等により業況が厳しい事業者等を支援する「物価高騰対策・回復再生応援枠」を創設
  • いままでの「通常枠」を再編し、売上高減少要件を撤廃。市場規模が拡大する業種・業態への転換を支援する「成長枠」を創設
  • 「グリーン成長枠」に、要件を緩やかにした「エントリー」類型を創設
  • 市場規模が縮小する業種・業態からの転換を支援する「産業構造転換枠」を創設
  • 製造拠点の国内回帰を進め、国内サプライチェーンの強靱化・地域産業の活性化に貢献する「サプライチェーン強靱化枠」を創設

申請類型(枠)

申請類型 補助上限額
(補助下限は100万円)
補助率
物価高騰対策・回復再生応援枠 1,000万円、1,500万円、2,000万円、3,000万円(※1) 中小2/3(一部3/4)
中堅1/2(一部2/3)
成長枠 2,000万円、4,000万円、5,000万円、7,000万円(※1) 中小1/2
中堅1/3
グリーン成長枠

【エントリー】
中小:4,000万円、6,000万円、8,000万円(※1)中堅1億円

【スタンダード】
中小:1億円、中堅:1.5億円

中小1/2
中堅1/3
産業構造転換枠 2,000万円、4,000万円、5,000万円、7,000万円(※1)
廃業を伴う場合2,000万円上乗せ
中小2/3
中堅1/2
サプライチェーン強靱化枠 最大5億円 中小1/2
中堅1/3
最低賃金枠 500万円、1,000万円、1,500万円(※1) 中小3/4
中堅2/3

(※1)従業員規模により異なります。

なお、詳細は、公募開始時に事務局サイトで公募要領等をご確認ください。
また、中小企業庁の「事業再構築補助金 令和4年度第二次補正予算の概要」のリンクを張っておきます。

【補助金公募スケジュール】
①事業再構築補助金
 第9回が公募期間中 
 ※2023年3月24日(金)18:00 応募締切

②小規模事業者持続化補助金
 第11回が公募期間中
 ※2023年2月20日(月)当日消印有効
    (電子申請の場合は当日中)

公募に関する詳細は、変更する場合もありますので、必ずご自身で各事務局サイトをご確認ください。

「補助金」に係るご質問については、「行政書士たかした事務所」まで、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 農地法第3条許可申請の「下限面積要件の廃止」
  2. 外国人材の特定技能、運送・林業でも
  3. 特定建設業について②
  4. 経営事項審査-保険加入の有無②
  5. 【NEWS】埼玉県原材料価格高騰対策支援事業について
  6. インボイスってどうなの③
  7. 特定建設業について①
  8. 経営事項審査-保険加入の有無
PAGE TOP