ブログ

経営事項審査-完成工事の裏付け資料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

前回は、建設業許可の新規申請などに必要となる「工事経歴書」について、お話ししました。

また、「工事経歴書」については毎年の「経営事項審査」時にも必要となります。
その「経営事項審査」では、「工事経歴書」に記載された工事が、実際に受注され施工し完了したかに関して、その裏付けとなる「確認資料」の提出が要求されます。
「工事経歴書」に記載された完成工事のうち、どの範囲の工事で、どのような「確認資料」が必要なのかについては、各審査機関によって異なりますので、事前の確認が必要となります。

埼玉県では

2023年2月2日現在、埼玉県の「経営事項審査申請の手引(令和5年1月1日改訂版)」では、裏付けとなる確認資料に関して、以下のとおりの内容となっています。

工事経歴書に記載した工事のうち、業種毎に元請、下請関係なく請負代金の大きい順に上位3件の、次のいずれかを提出すること。
※積み上げを行う場合は、審査対象事業年度の積み上げ元の業種分も提出すること。
ア 工事請負契約書
イ 注文書及び請書
ウ 請求書及び領収書(領収書がない場合は、入金が確認できる通帳の写し等)
※必要に応じて事後に追加で提出を求めることがある。

以上、今回は「完成工事の裏付け資料」について説明してきましたが、建設業許可に係るご質問については、「行政書士たかした事務所」まで、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 介護サービスを考える①
  2. 工事経歴書について
  3. 【NEWS】建設業法に基づく「技術検定」の受験資格が令和6年度に…
  4. 不動産業界のDX化ってどうなの②
  5. プライバシーマークを取得してみませんか④
  6. 建設業界の2024年問題⑤
  7. 行政書士試験が変わる。行政書士は変われるか!
  8. 一般建設業と特定建設業
PAGE TOP